平成29年10月11日 学術講演会を開催しました

平成291011日(火)介護老人保健施設たかつにて大塚製薬主催学術講演会が開催されました。

始めの講演内容は当法人 原理事長による「当院における依存症について」というものです。

アルコール依存症をメインとした講演内容でした。

アルコール依存症で糖尿病の疾患を持っている方の5年後の生存率30%以下とのことで、いかにアルコール依存症の治療に専念する重要性があるかを感じました。

 講演会写真(理事長) (当法人 原理事長による講演)

 

そして今回、特別講師として国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所

薬物依存研究部 部長松本俊彦先生をお招きしました。

講演内容は「アディクション問題の理解と援助」。

薬物依存症治療の第一人者である松本先生のお話は、アルコール依存、統合失調症、タバコ依存等様々なケースに合わせての内容でしたので、つい聞き入ってしまい、あっという間に講演が終了しました。

松本先生2

(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部  部長 松本俊彦 先生)

 

精神疾患全般含め、周りの皆さんのサポートにより、本人の治療に専念できる環境の大切さを学ぶことができました。     

(文責:経営企画室長 竹本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)