月別アーカイブ: 2014年4月

東華会FIVE活動報告会を開催しました

平成26年4月22日(火)町田のホテル・ザ・エルシィにて東華会FIVEの活動報告会を開催しました。

 東華会FIVEは、医療事業・介護事業・東華会本部の現場担当者および管理者が、部署・部門を超えて、多角的な経営改善を図るため結成されたプロジェクトチームです。全5チーム編成で、各チームの組織使命は以下の通りです。

 チーム1 相模湖病院の入退院促進

チーム2 相模湖地域の連携強化

チーム3 医療部・介護部の連携強化

チーム4 介護機能の強化

チーム5 経営管理基盤の強化

 当報告会の趣旨は、活動期間9か月間で各チームが取り組んだ事項、その成果、課題を発表し、最後に今後の東華会に対し経営改善に必要な提言について、理事長、常務理事、看護部長ほか東華会の幹部宛て報告するものです。

 冒頭、有村経営企画室長より、東華会FIVE全体の活動振り返りとあわせて「組織論」、「チームマネジメントの重要性」についての講演がありました。

 DSC_0114有村経営企画室長による講演

所属部署を超えた多様なメンバーで、問題点や課題を共有したことで一定の解決法、改善法を導くことができたとし、一定程度の評価をする一方で、タイムスケジュールを明確にすることができなかったことや、活動内容の浸透が限定的になったことなどの反省材料についてコメントがありました。

 そのほか、各メンバーから収集した感想やこれまで分析に使用したツール等の振り返りがあり、「タックマンのチーム形式5段階」、「インバスケット思考」、「ロジカルシンキング」といったツールを使用した新たな分析などを行い、組織論やチームマネジメントの重要性についての説明がありました。

 DSC_0112

その後、各チームからの活動報告、および提言の発表へと移りました。

 チーム1は、退院時期の設定やベッドコントロール、OT強化を主軸に取り組みを行い、アルコール患者向けクリニカルパスの設定やベッドコントロール運用の見直し、入院受入ルールの確立、OT需要調査などが実現しました。しかしながら、退院時期の明確な設定、円滑なベッドコントロールなどは引き続き課題を残していて、その点が今後の提言につながっています。

 DSC_0115

チーム2は、相模湖地域の医療機関・施設との連携強化、退院先の確保、そして訪問看護の立ち上げなどを中心に取り組みを行いました。具体的には、東京都や神奈川県の精神科病院との意見交換会や見学を行い、他施設の看護師、PSWを相模湖病院にお招きするなど双方向での交流が実現しました。また、地域講演会の実施、退院先として近隣アパート確保、訪問看護導入に向けたマニュアル作成等に着手しました。

しかしながら、定期的な営業活動の実施や訪問看護の実際の導入までは踏み込めず、課題が残りました。

 DSC_0124

チーム3は、医療・介護の情報の共有化、教育・研修の強化、コミュニケーションの強化をメインに取り組みを行いました。成果としては、介護小規模施設にて相模湖病院からの患者受け入れが実現し、そのほか職員向け研修会の実施、クラブ活動の充実などが挙げられます。

課題としては、当会最大の介護施設である老健たかつで、相模湖病院からの患者受け入れが実現できていないことや、職員の東華会帰属意識の向上などがあげられ、更なる情報の共有化、コミュニケーションの強化が必要との提言がありました。

 DSC_0121

チーム4は、介護部門における人材育成、研修、教育の充実、地域連携・営業活動の強化、マニュアルの整備を中心に活動を進めました。

中間管理職向けの研修や、ケアマネ宛てのFAX営業、小規模多機能施設での認知度アップイベントなどを実施しました。

課題としては、中長期的な研修計画、営業活動の統一化が実現できなかったこと、バラツキのあるマニュアルの整備が思うように進まなかったことなどがあります。よって、人事部門の強化やマニュアル整備委員会の設置なども提言としてなされました。

 DSC_0127

チーム5は、経理財務の基盤強化、コスト削減、認知度アップを主軸に活動を行いました。月次決算を早期化し、会計主義を発生主義に転換することで、スピーディで正確な月次実績の把握を実現しました。その他、備品の仕入れ価格見直しや、水光熱費削減の取組といったコスト削減活動や、ホームページの刷新、イベントの後方支援といった認知度アップ活動も実施しました。

また、WEBを利用した稟議決済の早期化、遠隔会議の実現なども行いました。

課題としては、組織そのものの全般的な底上げは今後も継続した取り組みが必要なことやマニュアルの整備が進まなかったことなどがあります。

提言として、マニュアル・規程の見直し、それにともなう組織基盤の充実、また各種取り組みの継続管理などがなされました。

 いずれのチーム活動においても、東華会への「帰属意識」や「モチベーション」が経営改善には不可欠であることをあらためて実感しました。今回で当プロジェクトは終了となりますが、職員にとっては、この9カ月間はたいへん意義のある活動であったのではないでしょうか。引き続き、経営改善へのモチベーションを東華会全体に浸透させられるような提案を、今後も行っていくことを確認して報告会は終了となりました。

DSC_0132

報告会終了後は、懇親会を開催。

DSC_0138

 参加したメンバーは「面識のなかった方と話をする」ことをルールとし、日頃顔を合わせることのない職員同士が、仕事やプライベートの話をして盛り上がりました。

全チーム混合でジェスチャーゲームやクイズなども行い、これまでにない交流の場となりました。

DSC_0134  DSC_0137

「オープンカフェ&介護なんでも相談会」開催しました

CIMG2625

420日(土)、小規模多機能施設あさおにて

「オープンカフェ&介護なんでも相談会」を開催しました。

当日は、地域住民の方など8名の方々にご来所いただき、

介護についての疑問や日頃抱えている不安などをご相談いただきました。

会場では、スライドを使って小規模多機能施設のサービスや料金体系などを

ご案内させて頂いたほか、竹本部長による「認知症講座」も実施。

認知症について、症状やその原因、ご家族の対応方法などをご紹介させて頂きました。

ご参加いただいた皆様から「相談できてよかった」「引き続き開催して欲しい」など

大変ありがたいお言葉をたくさん頂きました。

CIMG2624

前回に引き続き、このようなイベントを積極的に開催して、まだまだ認知度の低い

小規模多機能施設の使い勝手の良さ、料金的なメリットなどをお伝えし

地域に密着したサービスで、皆様の介護のお手伝いをさせていただければと思います。

相模湖病院にてお花見会(院内レクレーション)を実施しました

 

相模湖病院にも桜の季節がやってまいりました。山や川など、自然に恵まれた

治療環境にある当院の周りには数十本のソメイヨシノが咲き乱れ、この時期は特に

桜並木がたいへん綺麗です。

 患者さんや職員からもたいへん好評であり、レクレーションとして当院前庭にてお花見会

などが催され、毎年多くの方が参加されます。

 東華会相模湖病院では引き続き地域医療に貢献すべく、季節に応じたイベント企画や

レクレーション含め、今後も皆様のご要望に応えて参ります。

相模湖病院さくら①

 

相模湖病院さくら②