カテゴリー別アーカイブ: 未分類

サリューブルいずみ おかげさまで開所14周年!!

横浜市泉区のグループホーム サリューブルいずみは、3月1日、開所14周年を迎えることができました。

開所記念日には、毎年、お昼にご利用者様と職員皆でお祝い弁当を手作りし、全員で一緒に頂くこ とが恒例となっています。

 CIMG1743

朝から「ワイワイ」「ガヤガヤ」と利用者様と楽しくお弁当作りしました。

CIMG1730

皆で力を合わせて作ったお弁当が出来上がると、「わー!きれい」「おいしいね」と利用者様もいつもよりたくさん召し上がり、お腹いっぱいになった様子でした。

CIMG1721CIMG1733

 3時のおやつには紅白饅頭をお出ししました。

CIMG1771

皆様ぺろりと召し上がり、開所記念のお饅頭に皆様笑顔になっていました。

 CIMG1777

 

また、日頃お世話になっている地域の方々にも、ご利用者様と一緒にご挨拶を兼ね、お赤飯をお渡ししてきました。

 利用者様と共にこの日を迎えられた事、地域の方々やご家族様の温かいご支援に心から感謝いたします。

これからもご利用様に生き生きとした毎日を過ごしていただけるよう地域に根差した明るい施設づくりを目指してまいります。

小規模多機能施設あさお 作品展に出品しました

2月9日(金)~2月14日(水)「川崎市小規模多機能型居宅介護事業者連絡会主催 

作品展」が麻生区役所市民ギャラリーで行われ、小規模多機施設あさおで製作した作品を出品しました。

6日間で約480人もの来場者があり、作品を鑑賞しながら、熱心に小規模多機能についての説明を聞いていかれる方も多くいらっしゃいました。

 あさお⑤

「作品展」には、川崎市北部の麻生区・多摩区・宮前区合わせて16施設の小規模多機能型施設のご利用者様が作られた作品が出品されました。

 

小規模多機施設あさおからは、ハンドタオルで作った「タオル犬」、くつ下で作った「雪だるま」、チラシで作った「ペン立て」を出品しました。どれも日々の活動の中で、ご利用者様が作られたものです。

 あさお③

そして、手芸や塗り絵などがお得意のご利用者様による、カラフルな巾着袋やきれいな色の塗り絵なども出品しました。

あさお②

皆様が出品された作品を鑑賞しに、2日間に分けてご利用者様と「作品展」に行ってきました。

 

塗り絵や作品が壁に綺麗に飾られていたり、可愛い「タオル犬」や「雪だるま」が綺麗に並べられ、愛らしい表情で飾られているのを見て、皆様自然とお顔も笑顔になられていました。

あさお⑥

ご自分の作品を見つけたり、他の作品をゆっくり眺めたりと鑑賞を楽しんでいらっしゃいました。

 あさお④

他の施設からもたくさんの作品が出品されており、飾られた作品を見て回りながら、ご利用者様からは、「次はこんな作品も作ってみたい」という前向きなお声も。

ご利用者様の創作活動にとって、よい刺激となった2日間でした。

今後とも小規模多機能施設あさおは、ご利用者様が生き生きと過ごせるイベントを積極的に行っていきます。

 

 

あさおは花が満開です

サリューブルあさお・小規模多機能施設あさおは、今、たくさんの花に囲まれています。

 まず、川崎市麻生区の「あさお花いっぱい推進事業」に今年も当選し、たくさんのお花をいただきました。

当事業は、麻生区内の美化推進を図るため、公共的空間(道路沿い等)にある花壇を自主的・継続的に管理している団体に、秋の花苗等が提供されるものです。提供される団体は、毎年抽選で選ばれています。

麻生区プロジェクト4 麻生区プロジェクト3

 今年で4回目の当選となるこの企画では、パンジーや金魚草、葉牡丹など、今年も13種類、

320株ものお花をいただきました。

麻生区プロジェクト2 麻生区プロジェクト1

 

 また、ご近所の方が毎年、当施設へ菊を持ってきてくださいます。

菊の展覧会に参加されている方で、ご自身で丹精込めて育てられた菊は、とても立派です。

普段、なかなか見ることができない大きな菊でいっぱいとなりました。

菊 IMG_5117 IMG_5099

2階のグループホームのご利用者様も見ることができるようにと、室内用もいただきました。

2F室内用

 

そして、大家さんは、季節にあわせ、当施設玄関前のスロープをきれいに飾ってくださいます。

今はニチニチソウがかわいらしく咲いています。

大家さんが手入れしてくださる花壇

 

 さらに、ご近所の方も、当施設玄関に観葉植物を飾ってくださっています。

夕方、毎日水やりをしてくださり、大事に育ててくださっています。

IMG_5118 玄関横 近所の方が季節により飾る木花を変えてくださる

 

サリューブルあさお・小規模多機能施設あさおは、地域の皆様のあたたかいお心遣いにより、

花いっぱいの華やかな施設となっています。

ぜひ、一度ご覧ください。

 

介護老人保健施設たかつ リニューアルオープン間近です!

川崎市高津区にある介護老人保健施設たかつは、自立生活・在宅への復帰をサポートするため、

医師による医学的管理の下、看護・介護のケアはもちろん、特にリハビリに力を入れている施設です。

通所リハビリ(デイケア)をはじめ、訪問リハビリ・入所・ショートステイと、

多様な機能を活かし、在宅ケア支援サービスを提供しております。

 

介護老人保健施設たかつは、今年で開設18年目を迎えました。

この夏より、開設以来初の大規模修繕工事(屋上防水と外壁塗替え)を行っており、

屋上防水工事はすでに終了しています。

現在、外壁塗替え工事が大詰めを迎えており、もう間もなくリニューアルオープンとなります。

 

今回の大規模修繕の目玉は外壁の塗替えです。

18年間雨風に耐えてきた施設の外壁はだんだんと汚れも目立ってきており、

老朽化が進んでいました。

新しい外壁の色としてグリーン・ブルー・オレンジ・レッドなど6つの候補が上がった中、

施設で働く全職員の投票で決めることに。

老健たかつの未来を決める大切な役割を託され、職員の間ではこの話題で持ち切りとなりました。

1週間の投票期間が過ぎ、結果、外壁は「レッド」に決定!

01

レッドに投票した職員からは、”温かみのある施設になってほしい”や、

”今までの雰囲気とガラッと変えた方が新鮮”などの意見が。

 

9月下旬、外壁の塗替えが始まると、濃いブルーの建物が、

だんだんと明るく優しい雰囲気のレッドに変わっていき、

いち早く外観の変化に気が付かれたデイケアご利用者様からも、

”明るくなってここへ通うのが楽しみだわ”と好評です。

02

このリニューアルオープンを機に、職員一同新たな気持ちで

ご利用者様やご家族をお迎えする準備を進めております。

デイケア・入所・ショートステイなど見学やご相談は随時お待ちしておりますので、

新しく生まれ変わる老健たかつへぜひお越しください。

 

 

介護老人保健施設たかつにて納涼祭を開催しました

8月19日(土)、介護老人保健施設たかつにて納涼祭を開催しました。

 納涼祭1

納涼祭は老健たかつ年間行事の中で1番大きな行事です。

実行委員は数か月前から企画を練り、飾りを手作りするなど準備を進めていました。

当日の天気はあいにくの雨の予報。

雨が降らないよう職員全員が祈りながら、

朝から一丸となって、掃除や施設内の飾りつけ・模擬店の設営などを行いました。

 

普段施設内で過ごすことの多いご利用者様にも

浴衣をお持ちいただいた方には職員が着付けをし、

毎年お祭り気分を楽しんでいただいています。

今年も多くのご利用者様が浴衣姿となられ、職員も続々と浴衣や法被に着替え、

準備は万端。

 納涼祭2

14時になり、いよいよ納涼祭のスタートです。

天気は職員の祈りが届いたのか、曇りで時々日も差し込むほど回復しています。

 

模擬店は、焼きそば・焼き鳥・ところてん・かき氷・

ヨーヨー釣り・スマートボールに加え、今年はソフトクリーム初出店。

なかでも人気なのは老健たかつ特製焼きそば&焼き鳥です!

屋台から漂う美味しそうな匂いにつられ人だかりができ、

大勢の人が舌鼓をうっていました。

ご利用者様は、バラエティ豊かなメニューに目移りしながらも、

いつもとはひと味違う食事を楽しんでおられました。

 02

ご家族と一緒に会場をまわるご利用者様の楽しんでいる姿を見て、

職員達も一層気合が入ります。

各店舗呼び込み合戦がスタートし、会場は熱気ムンムン大盛り上がり!

たくさんの笑顔があふれていました。

 

また、地域のボランティアの方々には毎年恒例の盆踊りを披露していただきました。

子どもたちやご利用者様が次々に飛び入り参加し、

曲のリクエストが出るほど大盛況!

納涼祭4

短い時間とは言え、ご利用者様とご家族、地域の皆様の

思い出に残るひとときになったのではないでしょうか。

参加いただいた方からは、“こんなに活気のあるお祭りは久しぶりだわ!”

との声もいただきました。

 

今年もご利用者様のご家族や地域の方々に大勢参加していただき、

とても賑やかなお祭りとなりました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 納涼祭5

介護老人保健施設たかつでは、今後もさまざまなイベントを通してご利用者様、職員だけでなく、

地域の皆様とも積極的に交流を図っていきたいと考えております。