「平成29年 事例研究発表大会」 を開催しました

平成29年11月19日(日)、毎年恒例の「東華会 事例研究発表大会」を町田のホテル会場にて行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坂本経営企画部長による開会挨拶 経営企画部長による開会挨拶

事例研究発表大会では、法人内全事業所で職員の経験をもとに研究を行い、課題の解決に取り組んだ結果を発表しています。多くの職員に共有することで新たな気づきを得ることができ、各事業所・法人全体の質の向上やスキルアップに繋がっています。

当日は100名を超える職員が参加し、会場には、病院・クリニック・介護老人保健施設・グループホーム・小規模多機能施設・デイサービスといった東華会グループ施設が一同に揃い、様々な事例をもとに現場で抱えている問題点や課題、目指すべき姿を発表しました。

また、今年度より介護事業所の管理者によって業績改善を図るために結成されたプロジェクトチームの1年間の成果発表も行われました。

事業形態が異なっても共感できる内容が多く、参加した職員は真剣に聞き入っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 4

審査の結果、「最優秀賞」にはサリューブルたかつ、「優秀賞」にはサリューブルあさひ壱番館が選ばれました。

サリューブルたかつは、毎年同じパターンで実施していた施設行事について、ご利用者様の介護度に合わせた内容・食事への見直しを行い、さらに時間短縮や経費削減にまで踏み込みどのような結果が得られたかを発表。

サリューブルあさひ壱番館は、認知症介護の仕事をする上で、ご利用者様1人1人とのかかわり方を見直した結果、職員が自発的に研修に取組む環境を整え、知識を身に着けていくことが重要であると発表しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田邉介護部長による講評・発表会閉会挨拶 田辺介護部長による講評・発表会閉会挨拶

 

次に、勤続10年12名の方々に対して、永年勤続の表彰式が執り行われました。

表彰式では、坂本経営企画部長から、長年に渡り当会を支えて頂いている職員の方々へ感謝の意が伝えられました。

6 7

 

大会終了後の大忘年会では、美味しいお食事をいただきながらクイズ大会を実施。

11

ランダムに選ばれた参加者が所属事業所関係なくチームを結成し、当法人の運営理念穴埋めクイズや、チームの代表者が与えられたお題の絵を書き、メンバーが答えを当てるクイズなどを行い、会場内は大いに盛り、職員同士の交流の場にもなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「最優秀賞」受賞のサリューブルたかつ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「優秀賞」受賞のサリューブルあさひ壱番館

 

最後に、原理事長より今年1年の職員の努力に対する労いの言葉をいただき、大忘年会閉会となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

原理事長による大忘年会閉会挨拶 原理事長による大忘年会閉会挨拶

 

今後も当大会を継続して開催し、東華会職員全体のコミュニケーションを図り、グループ全体の団結力を高めていきたいと考えています。

 

あさおは花が満開です

サリューブルあさお・小規模多機能施設あさおは、今、たくさんの花に囲まれています。

 まず、川崎市麻生区の「あさお花いっぱい推進事業」に今年も当選し、たくさんのお花をいただきました。

当事業は、麻生区内の美化推進を図るため、公共的空間(道路沿い等)にある花壇を自主的・継続的に管理している団体に、秋の花苗等が提供されるものです。提供される団体は、毎年抽選で選ばれています。

麻生区プロジェクト4 麻生区プロジェクト3

 今年で4回目の当選となるこの企画では、パンジーや金魚草、葉牡丹など、今年も13種類、

320株ものお花をいただきました。

麻生区プロジェクト2 麻生区プロジェクト1

 

 また、ご近所の方が毎年、当施設へ菊を持ってきてくださいます。

菊の展覧会に参加されている方で、ご自身で丹精込めて育てられた菊は、とても立派です。

普段、なかなか見ることができない大きな菊でいっぱいとなりました。

菊 IMG_5117 IMG_5099

2階のグループホームのご利用者様も見ることができるようにと、室内用もいただきました。

2F室内用

 

そして、大家さんは、季節にあわせ、当施設玄関前のスロープをきれいに飾ってくださいます。

今はニチニチソウがかわいらしく咲いています。

大家さんが手入れしてくださる花壇

 

 さらに、ご近所の方も、当施設玄関に観葉植物を飾ってくださっています。

夕方、毎日水やりをしてくださり、大事に育ててくださっています。

IMG_5118 玄関横 近所の方が季節により飾る木花を変えてくださる

 

サリューブルあさお・小規模多機能施設あさおは、地域の皆様のあたたかいお心遣いにより、

花いっぱいの華やかな施設となっています。

ぜひ、一度ご覧ください。

 

介護老人保健施設たかつ リニューアルオープン間近です!

川崎市高津区にある介護老人保健施設たかつは、自立生活・在宅への復帰をサポートするため、

医師による医学的管理の下、看護・介護のケアはもちろん、特にリハビリに力を入れている施設です。

通所リハビリ(デイケア)をはじめ、訪問リハビリ・入所・ショートステイと、

多様な機能を活かし、在宅ケア支援サービスを提供しております。

 

介護老人保健施設たかつは、今年で開設18年目を迎えました。

この夏より、開設以来初の大規模修繕工事(屋上防水と外壁塗替え)を行っており、

屋上防水工事はすでに終了しています。

現在、外壁塗替え工事が大詰めを迎えており、もう間もなくリニューアルオープンとなります。

 

今回の大規模修繕の目玉は外壁の塗替えです。

18年間雨風に耐えてきた施設の外壁はだんだんと汚れも目立ってきており、

老朽化が進んでいました。

新しい外壁の色としてグリーン・ブルー・オレンジ・レッドなど6つの候補が上がった中、

施設で働く全職員の投票で決めることに。

老健たかつの未来を決める大切な役割を託され、職員の間ではこの話題で持ち切りとなりました。

1週間の投票期間が過ぎ、結果、外壁は「レッド」に決定!

01

レッドに投票した職員からは、”温かみのある施設になってほしい”や、

”今までの雰囲気とガラッと変えた方が新鮮”などの意見が。

 

9月下旬、外壁の塗替えが始まると、濃いブルーの建物が、

だんだんと明るく優しい雰囲気のレッドに変わっていき、

いち早く外観の変化に気が付かれたデイケアご利用者様からも、

”明るくなってここへ通うのが楽しみだわ”と好評です。

02

このリニューアルオープンを機に、職員一同新たな気持ちで

ご利用者様やご家族をお迎えする準備を進めております。

デイケア・入所・ショートステイなど見学やご相談は随時お待ちしておりますので、

新しく生まれ変わる老健たかつへぜひお越しください。

 

 

平成29年10月11日 学術講演会を開催しました

平成291011日(火)介護老人保健施設たかつにて大塚製薬主催学術講演会が開催されました。

始めの講演内容は当法人 原理事長による「当院における依存症について」というものです。

アルコール依存症をメインとした講演内容でした。

アルコール依存症で糖尿病の疾患を持っている方の5年後の生存率30%以下とのことで、いかにアルコール依存症の治療に専念する重要性があるかを感じました。

 講演会写真(理事長) (当法人 原理事長による講演)

 

そして今回、特別講師として国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所

薬物依存研究部 部長松本俊彦先生をお招きしました。

講演内容は「アディクション問題の理解と援助」。

薬物依存症治療の第一人者である松本先生のお話は、アルコール依存、統合失調症、タバコ依存等様々なケースに合わせての内容でしたので、つい聞き入ってしまい、あっという間に講演が終了しました。

松本先生2

(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部  部長 松本俊彦 先生)

 

精神疾患全般含め、周りの皆さんのサポートにより、本人の治療に専念できる環境の大切さを学ぶことができました。     

(文責:経営企画室長 竹本)

サリューブルいずみ 「いずみ祭り」を開催しました

101日、サリューブルいずみにて「いずみ祭り」を開催しました。

平成16年の開所以来、今年で12回目を迎える「いずみ祭り」。

ご家族様や地域の皆様にも多数ご参加いただき、毎年恒例の大イベントとなりました。

 当日は、朝から気持ち良い晴天で職員も早朝から会場づくり、食事づくりと準備に大忙しです。

ホーム敷地内の駐車場がメイン会場となっていますが、毎年、利用者様の手作りの作品を

フェンス一面に展示しています。

CIMG0857

職員の旦那さんが手伝いに来て下さり、さながら現場監督の様にテキパキと会場準備を指示。

職員も楽しく、準備を進めることができました。

CIMG0866 CIMG0861

 

食事づくりも、職員が手際よく進め、早々と準備を終えることが出来ました。

CIMG0869

 

夕方からのお祭りに備え、お昼ご飯は軽めのご用意にし、利用者様にはゆっくり休んでいただきました。

準備が整うと、利用者様に浴衣を着ていただき、お祭りの雰囲気も一気に盛り上がります。

 

 CIMG0884

ご家族様もお越しいただく機会となりますので、お祭りが始まる前に、家族会が行われました。

多数のご家族様がご参加くださり、年間行事や日頃のご様子をお伝えしたり、写真などを見ていただいたり、こちらもよい交流の場となりました。

 

 CIMG0915 CIMG0911

いよいよお祭りの開始です。

午後4時頃には、会場で利用者様とご家族様共々、和気あいあいと豚汁・お赤飯・焼きそば・おかずセットなどを召し上がっていただきました。

 

お腹も一杯になられた後、いよいよ毎年恒例の川崎ダルク様による「琉球太鼓」のはじまりです。

太鼓の音が響き渡り、琉球踊りの熱演でいずみ祭りのクライマックスを飾る盛り上がりでした。

CIMG0990 CIMG1010

利用者様、ご家族様、地域の皆様、他事業所の皆様の笑顔がはじけ、今年も大盛況のうちにいずみ祭りを終えることができました。

地域の方々の温かいお気持ちやご支援を賜り、楽しい時間を一緒に過すことができたことを心より感謝しております。

CIMG1070 CIMG1015

 今後もサリューブルいずみでは、納涼祭のほか定期的に利用者様を中心にご家族様とも

交流の出来るイベントを開催します。

 

サリューブルあさひ弐番館 納涼祭を開催しました

9月23日(土)、サリューブルあさひ弐番館にて納涼祭を行いました。

毎年、天気が安定せず、今年も台風の影響で雨風がひどく職員一同心配でしたが、早くに台風が去り、晴れて涼しい秋の空気を感じる天候になりました。

 朝から皆様に提供する食事作りに職員はバタバタと忙しくしておりましたが、ご利用者様はその姿を見て、これから始まる納涼祭のことを思い楽しそうに過ごしていらっしゃいました。

 今年はご利用者様と一緒にたくさんの飾りを作りました。準備の段階からお祭り気分で、「早く納涼祭がくるといいね」とおっしゃっていました。

 お昼頃から続々とご家族様や近所の方々が弐番館に来てくださり、お部屋は賑やかな声でいっぱいになっていました。

焼きそば、豚汁、から揚げ、お赤飯などを召し上がり、会話も弾んでいらっしゃったようです。

 

食事が落ち着いた頃、メインイベントの準備がはじまりました。

「もうすぐ、弐番館職員による出し物を行います!1階にお集まりください!」

と声かけを始め、皆様に集まっていただきました。

何が始まるのか職員以外は誰も知らず「出し物ってなんだろうね」と、わくわくした目で皆様待っていてくださいました。

 そして、曲が流れ職員が炭坑節を踊りながら登場しました!

写真①

年齢問わず皆様が一度は聴いたことがある曲に、大いに盛り上がり、手拍子と掛け声で音楽が聞こえなくなるほどでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 次に南中ソーラン節を職員が踊り、掛け声の「ソーラン!ソーラン!どっこいしょー!」と何度も大きな声で職員の踊りを応援してくださいました。

 

 3曲目は、毎年恒例、仮装した職員がお届けする「恋ダンス」をお披露目しました。

ご利用者様、お客様も最初はびっくりしていましたが、完璧なダンスの振り付けとアドリブを見て今日1番の盛り上がりになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさん練習し、皆様に楽しんでもらいたい気持ちで最後まで踊り、曲が終わると拍手でいっぱいでした。「すごい!!アンコール!!」とご利用者様からアンコールがありました。

そのかけ声から、「アンコール!アンコール!」と手拍子があり、急遽、再度踊ることに。

2回目は最初から笑いでいっぱいになり、皆様の笑顔溢れる時間になりました。

 最後は、ご利用者様から歌のプレゼントと全員参加の合唱で締めることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ご利用者様と職員が一緒に準備した納涼祭が無事に盛り上がり、終えられた事で職員一同、胸がいっぱいでした。

 今年もご家族様や、近隣の方々など多くの方々にお越しいただきました。

「また来年も来ますね」「来年もダンス、楽しみにしてます!」とのお声も。

来年も一層気合を入れて納涼祭を行えるよう職員一同頑張っていきたいと思います。

 

今後もサリューブルあさひ弐番館では、運営理念でもあります、“ご利用者様がゆったり、のんびり、にこやかに”日々をお過ごしいただけるよう、季節の行事、ご家族様や地域の方々との交流に努めてまいります。

サリューブルあさひ壱番館 納涼祭を開催しました

9月16日(土)、サリューブルあさひ壱番館にて毎年恒例の納涼祭を行いました。

昨年までは8月に開催していた納涼祭ですが、暑さを考慮し9月に開催することに。

前日から台風が接近し、大雨の影響が心配されましたが、無事準備を進めることができました。

 

今年はご利用者様全員で参加することができ、準備にも一層力が入ります。

ホーム一丸となって、看板作りや飾り付けなどをご利用者様と一緒に行いました。

毎年使える看板が欲しいと考え、お花紙をまるめて「納涼祭」の文字を作りました。

皆で力を合わせて作成した甲斐があり、ステキな看板が完成!

綿あめ器と並ぶと、お祭の雰囲気がよく出て大好評でした。

 写真①

 

いよいよ納涼祭の始まりです。

続々とご家族様、近隣の方々など多くの方がいらっしゃいました。

入口前の焼き鳥と綿あめ器には、ご利用者様や子供達が立ち止まり、嬉しそうに召し上がっていました。

普段落ち着いた雰囲気のホーム内も活気に溢れ、焼きそば・豚汁・いなり・ウインナー・たこ焼きなど美味しい食事がずらりと並びます。

皆様、賑やかなフロア内で、お祭らしいお食事を楽しんでいらっしゃいました。

 

ホーム内で流れるお祭の曲を聴き、法被を着て踊りだすご利用者様が

「お祭いいな 明日もずっとやってほしいな」と嬉しい一言。

 

お食事も済むと、1階フロアで行っている「アヒルちゃんすくい」にたくさんの方が集まってきました。

子供達が、ビニールプールに浮かぶ可愛いアヒルのおもちゃをわいわいすくっているのを見て

「上手だね。でも、おばあちゃんも負けないよ」と、一緒に楽しんでいらっしゃいました。

写真②

 

そして、毎年恒例であるメインイベントがはじまりました!

今年は6人のボランティアの方が来てくださり、たくさんの民謡を歌い、楽器を奏でてくださいました。

曲は毎年変わるものもありますが、定番の炭坑節・花笠音頭などは特別盛り上がり、ご利用者様、職員が曲に合わせて踊りました。

写真③ 写真④

今日1番の笑顔と笑いで包まれ、今年の納涼祭も大成功に終わることが出来ました。

 

今年はご家族様や、近隣の方々など初めて納涼祭にお越しいただいた方々もおられ、

「楽しい納涼祭でした また来年も参加したいです」とお声をかけていただきました。

地域の方々の温かいご協力やお心遣いを職員一同感じられた1日になりました。

 

今後もサリューブルあさひ壱番館では、ご利用者様が毎日楽しく、笑顔が絶えない日々をお過ごしいただけるよう、ご家族様参加のイベントや外出支援などにも努めてまいります。

 

サリューブルとつか 夏祭りを開催しました

サリューブルとつかにて99日(土)、毎年恒例の夏祭りを行いました。

前日は雨で天候が心配されましたが、当日は久しぶりの晴天に恵まれて、準備も予定通りに進みました。                 

 ご利用者様は法被、2名の女性ご利用者様は浴衣姿になり、すっかりお祭り気分です。

職員も祭り半纏を身に付け、盛り上げます。

                           

   写真1

                           

会場入り口には、7月に入居されたご利用者様作の絵を飾りました。                 

色をつけたのは職員で、ご利用者様と職員の合作です。                        

カラフルな「お・ま・つ・り」の看板も、ご利用者様が共同で作って下さり、一層賑やかな雰囲気となりました。                           

                           

         写真2

                           

今年は、職員の知人から本物の射的をお借りしました。                        

例年通り子供用の射的と並べ、好きなほうを選んでいただくようにし、                           

ささやかではありますが、景品も用意しました。                    

空くじなしのくじ引きや、ヨーヨー釣りも用意し、外でのゲームも準備万端。                 

                           

さあお祭りの始まりです。                           

焼きそば、いなり、豚汁、そして外で職員が、焼き鳥とフランクフルトを                        

焼きました。とてもいいにおいがたちこめてきました。                        

皆様すごい食欲で、「焼き鳥は何本目ですか?」と聞いても、わからないくらいでした。               

「今日は特別ですよと・・・」と言いながらも、美味しそうに召し上がるご利用者様の姿に職員も嬉しくなってしまいました。                    

                           

    写真3

                           

 外のゲームは、子供も大人も、やはり本物の射的に興味津々です。

的に当たって大喜び、景品はどれにしようかな・・・                        

                           

毎年のことですが、ヨーヨー釣りは、小さい子供達の水遊び場となり、                           

それを見ている大人が、                 

「靴を脱いでよー。」                      

「もう着替えないわよー。」などの声も。

久しぶりの晴れの日に、水遊びもとても楽しそうでした。                    

                           

      写真4                          

最後は、サリューブルとつか恒例の盆踊りです。                 

地域の方が、わざわざ浴衣を着てくださったり、「派手目の洋服を着て来たわよ」などの

お心遣いに、職員一同、嬉しいばかりでした。                    

炭坑節、東京音頭を、大きな声で歌いながら踊るご利用者様、

「昔やっていたんだ」とプロのような手つきのご利用者様、

そして地域の方々のリードに合わせて、来訪された多くの皆様にも参加いただき、

フロア内は、大盛況でした。                           

 

50名を超える多くの地域の方々、ご家族、他事業所の方々に来ていただき、                           

笑顔、笑い声の絶えない1日となりました。

無事に楽しい1日が過ごせたことに安堵するとともに                           

地域の方々の暖かいご支援があっての、グループホームサリューブルとつかであることを

実感した一日でした。               

                           

今後もサリューブルとつかでは、地域の皆様やご利用者様を中心にご家族様とも交流を

図っていきます。                 

8月20日「あさお祭り」を開催しました

小規模多機能施設あさおとグループホーム・サリューブルあさおにて

8月20日(日)、毎年恒例の「あさお祭り」を行いました。

 

平成24年の開所以来、今年で5回目となる「あさお祭り」。

ご利用者様のご家族や地域の方々にもご参加頂き

年々盛り上がりを増してきているように思います。

いつもの落ち着いたフロアに、職員がさまざまアイデアを

出し合ってたくさんの装飾や屋台の看板などで飾りつけ。

通所のご利用者様が到着されたときには会場はお祭りムード一色です。

 

まずは地域の子供たちが太鼓の演奏を披露しに来てくれました。

力強い太鼓の音に会場は一気に盛り上がります!

IMG_1840

続いては、ご利用者様の「のど自慢大会」。

この日のために日頃練習してきた成果を見せてくれました。

会場のご参加者も一緒に声を合わせ、最後は大合唱。

 IMG_1844

お昼には、職員が腕によりをかけた料理がずらりと並びます。

目の前で焼きあがる焼きそばやたこ焼きの他、から揚げやポテト、

玉子焼きなどそれぞれお好きなメニューを選んで頂きました。

一方縁日会場では子供たちが列を作り

点取りゲームやヨーヨーつりを楽しんでいました。

無題

午後の 第2部は、職員による「絵あてゲーム」でスタート。

何の絵が出てくるのか会場の皆様も一緒に参加してくれました。

IMG_4735

IMG_4737

その後ご利用者様によるハーモニカが演奏され

最後は、一松会の皆様による踊りが披露されました。

即席で、和太鼓演奏の方々が一緒に太鼓をたたき

さらに会場を盛り上げていただきました。

会場の方々も一緒に踊りの輪に参加し

大盛況のうちに終える事ができました。

1

今回、ご利用者様の元気な声や笑顔がたくさん見られ

ご家族様にも喜んでいただけたのではないかと思っています。

今後も小規模多機能施設あさお・サリューブルあさおでは

納涼祭のほか定期的に利用者様を中心にご家族様とも

交流の出来るイベントを開催します。

ぜひご期待ください。

介護老人保健施設たかつにて納涼祭を開催しました

8月19日(土)、介護老人保健施設たかつにて納涼祭を開催しました。

 納涼祭1

納涼祭は老健たかつ年間行事の中で1番大きな行事です。

実行委員は数か月前から企画を練り、飾りを手作りするなど準備を進めていました。

当日の天気はあいにくの雨の予報。

雨が降らないよう職員全員が祈りながら、

朝から一丸となって、掃除や施設内の飾りつけ・模擬店の設営などを行いました。

 

普段施設内で過ごすことの多いご利用者様にも

浴衣をお持ちいただいた方には職員が着付けをし、

毎年お祭り気分を楽しんでいただいています。

今年も多くのご利用者様が浴衣姿となられ、職員も続々と浴衣や法被に着替え、

準備は万端。

 納涼祭2

14時になり、いよいよ納涼祭のスタートです。

天気は職員の祈りが届いたのか、曇りで時々日も差し込むほど回復しています。

 

模擬店は、焼きそば・焼き鳥・ところてん・かき氷・

ヨーヨー釣り・スマートボールに加え、今年はソフトクリーム初出店。

なかでも人気なのは老健たかつ特製焼きそば&焼き鳥です!

屋台から漂う美味しそうな匂いにつられ人だかりができ、

大勢の人が舌鼓をうっていました。

ご利用者様は、バラエティ豊かなメニューに目移りしながらも、

いつもとはひと味違う食事を楽しんでおられました。

 02

ご家族と一緒に会場をまわるご利用者様の楽しんでいる姿を見て、

職員達も一層気合が入ります。

各店舗呼び込み合戦がスタートし、会場は熱気ムンムン大盛り上がり!

たくさんの笑顔があふれていました。

 

また、地域のボランティアの方々には毎年恒例の盆踊りを披露していただきました。

子どもたちやご利用者様が次々に飛び入り参加し、

曲のリクエストが出るほど大盛況!

納涼祭4

短い時間とは言え、ご利用者様とご家族、地域の皆様の

思い出に残るひとときになったのではないでしょうか。

参加いただいた方からは、“こんなに活気のあるお祭りは久しぶりだわ!”

との声もいただきました。

 

今年もご利用者様のご家族や地域の方々に大勢参加していただき、

とても賑やかなお祭りとなりました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 納涼祭5

介護老人保健施設たかつでは、今後もさまざまなイベントを通してご利用者様、職員だけでなく、

地域の皆様とも積極的に交流を図っていきたいと考えております。